ポトスの水挿しをずっと続けるのはダメ?水挿しのまま育てるには

窓際の水挿しポトスおしゃれ部屋作り
スポンサーリンク

ポトスは水挿しでも育てられる一方で、そのまま水挿しで生育し続けるのはダメなのでしょうか?結論、水挿しのままでも大丈夫です。とはいえ、何もメンテナンスせずままにしていると根詰まりしてしまうので、定期的に手入れが必要です。当記事では、ポトスを水挿しのままずっと生育する方法について紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

ポトスを水挿しでずっとそのままにしたいなら、根っこを調整しよう

ポトスは水挿しでもどんどん根っこを生やし、葉っぱを増やします。伸びた先にあるのは、葉より根です。根が詰まると全体に十分な水分と栄養を届けることができなくなるので、古い葉から枯れ落ちてしまうようになります。

ポトスを大きく育てたいなら、花瓶や鉢を大きくする

水挿しであっても土に植えていても、今より大きく育てたいなら入れている花瓶や鉢を大きくします。根っこが詰まってしまっているのを解消することで解決します。

ポトスのサイズは変えず、葉っぱが枯れないようにしたい

今のポトスの状態はキープしながら、葉っぱが枯れないようにしたい場合は、剪定を行いましょう。特に根詰まりしてしまっている根っこを解消することです。比較的白くて硬い新しく生えてきた根っこは切らず、ふにゃっとしていたり柔らかい茶色に変色している根っこを切ることで、腐ってしまっていたり古い根っこがなくなり、より健康的な根っこだけが残ります。

水の中で伸びるポトスの根っこ

根と葉の量は常にバランスが取られている

「根っこが増えれば葉っぱも増え、葉っぱが増えれば根っこも増える」というように、根と葉はいつもバランスが取られています。つまり、根っこが根詰まりしているということは水分と栄養を全体に届けられていないことの他に、それ以上根っこが生長できなくなったため、葉っぱもそれ相応に減らさなければいけないと作用するようになります。この時、新しい健康的な葉っぱを残し、生命力が低くなった古い葉っぱを優先的に落とすことで新陳代謝を図ります。ポトスが枯れたりするのには根が深く関わり合っているため、元気がなくなってきたなと思えば根っこに何らかの問題が生じていることを疑うと解決することが多いです。

水耕栽培用肥料を使う

水道水にはミネラルが含まれますが、ポトスのような観葉植物が生長する上では十分な栄養を確保できません。これは土に植えられている場合でも同様で、ジョウロに肥料を混ぜて水やりしたりします。水耕栽培でも同様に肥料を使いますが、水耕栽培用の肥料を使うことでより確実にポトスを生長させることができます。ハイポニカは、水耕栽培用肥料としてとても人気が高く、初心者でも使い方が簡単です。

ハイポニカ 水耕栽培用肥料 500ml

ハイポニカ 水耕栽培用肥料 500ml

1,380円(10/19 13:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

水挿しのメリット・デメリット

根っこがない状態に発揮される水挿しのメリット

水挿しが土植えより良いとされているのは、剪定して切り取ったポトスを増やすときです。根っこがない状態で茎と葉だけの状態になると、茎の端から十分に水分を吸い上げることが難しくなります。水に挿すことで土より効率的に水分を吸い上げることが可能となります。

水栽培で育てているポトス
剪定したポトスの茎を水挿しすると気根から発根する

水挿しだと根っこから空気が吸えなくなる

根っこの役割は水分だけを吸い上げていると勘違いしがちなのですが、実は土の中からも空気を吸っています。根っこから水分と空気をバランスよく吸い上げることで、全体に栄養を効率よく届けられるようになります。しかし、水挿しだと根っこからは空気を吸うことができなくなるので、根っこの役割は水分吸収だけに限定されます。もちろん、空気を吸うのは根っこから以外に茎や葉からも行えるので、枯れることはありません。しかし、植物が一番効率よく育つためには根っこからも空気を吸わせることが重要です。

根を切って葉の量とバランスを取ればポトスの水挿しはずっと続けられる

季節が変われば温度・湿度、日当たり条件が変わるので、それに応じて置き場所を変えてあげることや、水の入れ替えること、肥料を与えることなどポトスが長生きらえる環境においてあげることは必要最低条件となりますが、ポトスが生長してきたからといって必ず土に植え替えが必要かといえば、否です。水挿しでも枯れることなく育て続けることは可能です。重要なのは、伸びてきた根や葉をメンテナンスすることで、ずっと同じ状態をキープすることは可能です。ぜひ、お試しください。

観葉植物インテリアは吊るすとオシャレ度倍増!賃貸でも吊るせる方法
雑貨屋にいくと天井から観葉植物を吊るしているオシャレなインテリアのお店があります。インスタグラムでも豪勢な家で観葉植物が吊るされているのを見ていると、「うちでもできないかな」と思いますね。賃貸物件や新築の家に住んでいると、天井に穴を開けな...
観葉植物の土にカビが生えたら - 対処法と予防
観葉植物を室内に置いていると、土の表面に白い粉のように広がってカビが生えてくることがあります。このカビは放置しているとどんどん広がり悪化してしまうので、対処が必要です。一度対処しても何日かするとまた生えてきたりと厄介ですよね。当記事では、...
観葉植物のコバエにハッカ油は低コスパ!駆除にはダントツを使え
観葉植物にコバエが発生し出すのは梅雨を明けてくらいでしょうか。最初は1匹がぴょろっと出てきたくらいかと思っていたのが、夏頃には視野内に数匹…耐えられませんよね。殺虫剤を検討するにあたり、ハッカ油を使おうとする理由には匂い対策があるかと思い...
観葉植物に虫がわかない土 - コバエを発見したらすぐこれに植え替え
観葉植物にわく最も迷惑な虫、コバエ。部屋のインテリアのために置いた観葉植物なのに、夏になるとコバエが絶えず発生して鬱陶しいなんで本末転倒ですよね。観葉植物に虫がわくのは、植物そのものからではなく土からわいています。当記事では、そんな観葉植...

コメント

タイトルとURLをコピーしました