ハンギングプランター・バスケットを吊るす室内での水やりグッズ

ハンギングプランターとして育てているポトスに水やり観葉植物
スポンサーリンク

ハンギングプランターやハンギングバスケットを室内で吊るしている場合、自分の背丈より高い位置にあるがゆえに、水やりするのが大変ですよね。通常のジョウロで水を与えるにも、高い位置にありすぎて水やり中に水をこぼしてしまったり、むしろジョウロの傾き加減が足りなくて水が出てこないなんてことも。当記事では、室内で育てるハンギングプランター・ハンギングバスケットへ与える水やりをしやすくする便利グッズを紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

ハンギングプランターにはプッシュしたら水が出てくるポンプを使う

ハンギングプランターは天井の位置によっては2メートル以上の高さに吊るされます。そんな高い位置へは通常のジョウロでは水を与えることはできません。使うのは、押したら水が上から出てくるポンプです。

ハンギングプランターの水やりに便利なボトル
広口洗浄瓶 500mL

広口洗浄瓶 500mL

221円(10/19 00:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

意外と100円ショップで見当たらない

発想としてはボトルの上にチューブがあるだけで、素材もポレチレンで作られているので、ダイソーなど100円ショップで売られていそうですが、近所の100円ショップを数店回っても満足できるものが見当たりませんでした。チューブの曲がり具合がハンギングプランターなど吊るされている植物に与えることを想定した形になっていなかったり、容量が100ミリリットルと小さすぎて頻繁に水を汲まなければならないことが予想できたり。唯一セリアに近しい商品を見つけましたが、やはり容量が足りないなどといった理由から購入を断念。

容量はかなり重要

チューブの曲がり具合も大事ですが、容量は500ミリリットル以上欲しいところ。ハンギングプランターの数次第ですが、小さすぎると水汲みの回数が多すぎて便利なのか便利じゃないのか分からなくなります。最低でも500ミリリットルは欲しいと言ったところです。

ハンギングしているディスキディアに水やり

思った以上に水を押し出した方が良い

少しボトルをプッシュすれば簡単に水が出ることまちがいないですが、ジョウロで与える水の感覚よりは少量ずつ出ると思った方が良いです。というのも、ちょっと絞り出すと水が勢いよく出てくるので、かなり水を与えた感覚になります。しかし、透明の容器に植えたハンギングプランターで出た水の量を見たことがありますが、感覚よりもあまり水が溜まっていない感じがします。おそらく、ビュッと出てくる水の勢いが割と強いので、控えめにプッシュしてしまっているのだと思います。結果、出てきた水の量は少なくなってしまっているのだと思います。ハンギングプランターは溜めた水の量が大事で、鉢底に穴が空いているタイプの鉢をハンギングしている場合でも与えた水の量は気を使わなければなりません。水の量が少なすぎると植物はシナシナに弱っている様子を見せるので、このボトルで与える水の量を細かく調整することをオススメします。いずれにしても、少しずつ水が出ると調節しやすいので、このボトルがオススメなのに変わりはありません。

ハンギングプランターの水やりには曲がったチューブ付きのボトルが便利

紹介したのはハンギングプランターに水やりすることを想定して作られたボトルではありませんが、高いところにある植物へ水を与えるのにとても便利なボトルです。ハンギングプランターでの水やりには少しコツが必要であることを説明しましたが、少量ずつ出す水の量を調節できるボトルはとても使いやすいです。安い商品なので、一度試してみてください。

広口洗浄瓶 500mL

広口洗浄瓶 500mL

221円(10/19 00:36時点)
Amazonの情報を掲載しています
観葉植物インテリアは吊るすとオシャレ度倍増!賃貸でも吊るせる方法
雑貨屋にいくと天井から観葉植物を吊るしているオシャレなインテリアのお店があります。インスタグラムでも豪勢な家で観葉植物が吊るされているのを見ていると、「うちでもできないかな」と思いますね。賃貸物件や新築の家に住んでいると、天井に穴を開けな...
モンステラをハイドロカルチャーに植え替えて育てる方法
インテリア的におしゃれに飾りたいといった理由から、土植えや水耕栽培していた観葉植物をハイドロカルチャーに植え替えることが多くあります。ハイドロカルチャーを使うと全体が軽くなるため、個人的なニーズとしては天井に吊るすハンギングポットをするこ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました