カポックの挿し木を水栽培で発根させる方法

浅い容器に茎の末端を入れて水栽培するカポックおしゃれ部屋作り
スポンサーリンク

カポックは枝の付け根を水に浸けておくと、その末端から発根します。土より水に挿した方がその発根率は高く、発根したのちに土へ植えることで増やせる確率がグッと上がります。当記事では、カポックを増やす際に行う挿し木を水栽培で行い、より確実に発根させる方法を紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

カポックは正しい位置でカットしよう

挿し木や水挿しなど行うために、元となるカポックから一本拝借する必要があります。どこでも切っていいわけではなく、生長点と呼ばれる根っこや茎が生えてくるポイントを含めて切る必要があります。下記写真の赤丸で囲った部分が生長点です。カポックの葉の付け根を茎から切り離します。

赤丸で囲った箇所がカポックの生長点

切り離した1〜2本の末端を水に浸けましょう。末端が水に浸かっていれば、どんな方法でも大体は発根します。ペットボトルの先をカットして先端側を逆さにしてもう一方に差し込む容器に挿します。

切り出したカポックをペットボトルに水挿しして増やす

葉っぱを半分カットしているのは、葉っぱからの水分上昇を防ぐためです。カットしなくても大丈夫ですが、カットした方がより確実に発根させることができるでしょう。また、ペットボトルをカットした容器ではなくても、浅い容器にカポックの末端を漬けるだけでもOKです。

浅い容器に茎の末端を入れて水栽培するカポック

数週間の水栽培で発根

発根するまで一週間に一度の水の入れ替えを行い、直射日光の当たらない日陰で生育し続けた結果、3週間後に発根しました。

もう少し根っこが大きくなるまで水栽培のまま生育してOKです。ある程度根っこが伸びて、新しい茎や葉が生え始めたら、小さめのポリポットや鉢に土を張り、植え替えてあげると良いでしょう。水栽培のままでもOKですが、根っこは土の中の方が適切な量の水と空気を吸うことができ、より早い生長を促すことができるようになります。

カポックの挿し木は水栽培で発根させた後に土植えする

発根した直後に土へ植え替えても良いのですが、根っこが長くないうちに土植えすることで十分な水分を吸収できずそのまま枯れてしまうこともあるので、しばらく水耕栽培を続けました。発根から1ヶ月経過し、根っこも十分長くなったので土に植え替えることとします。

水耕栽培による発根から1ヶ月経過したカポック

1ヶ月も経過すると、根っこも数本ではなく何十本にも増えます。長い根っこもあれば短い根っこもありますが、その分細かったり太かったりと様々です。また、根っこだけではなく葉っぱや茎も伸ばし、水耕栽培だけでも十分な生長が見て取れます。

水耕栽培を開始して1ヶ月経過し、しっかり根も葉も茎も生長したカポック

このままずっと水耕栽培で育てても良いのでは?

インテリア的にも水耕栽培は人気なので、水耕栽培を続けたいという場合があります。あまり大きく育てず小さいままをキープしたい場合はそれで問題ないでしょう。大きく育てたい場合は、水耕栽培より土に植え替えた方がさらに生長スピードが早くなります。発根させるまでは水耕栽培の方が発根率が高く良いのですが、発根後ある程度根っこが伸びた段階になると土植えの方が良いとされます。これは、根っこが水だけではなく空気も吸収し、必要な栄養素を株全体に送り渡していることにあります。根っこは水分だけを吸収していると思われることが多いですが、実は空気も吸っていて、水と空気をバランスよく根っこから吸わせることが必要です。そのため、土は土でも土の中にある程度空間を作ることで植物に必要な空気を吸うことができるようになります。水の中では空気は一切吸収できないため、土植えの方が生長力があるのはそのためです。

まだ株自体が小さいので、小さいポットに植えました。このポットで根詰まりを起こすようになる頃には、このカポックもそれなりに大きく育っていることでしょう。生長が楽しみですね!

水耕栽培から土に植え替えたカポック

カットしたカポックの茎を水に浸し、発根させるまでを紹介しました。カポックの生育期は春から秋なので、冬以外であれば水栽培で新しい株とするための発根を促すことができるでしょう。直射日光は葉焼けの原因になってしまいますが、明るい日陰を好むカポックなので、レースのカーテン越しの窓際のような環境に置いてあげるとしっかり光合成しながら生長してくれます。ぜひ、お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました