モンステラをハイドロカルチャーに植え替えて育てる方法

天皇に吊るしたハンギング・ハイドロカルチャーモンステラおしゃれ部屋作り
スポンサーリンク

インテリア的におしゃれに飾りたいといった理由から、土植えや水耕栽培していた観葉植物をハイドロカルチャーに植え替えることが多くあります。ハイドロカルチャーを使うと全体が軽くなるため、個人的なニーズとしては天井に吊るすハンギングポットをすることを目的としていますが、吊らずに窓際やダイニングテーブルに置いてもその見栄えはとても良くなります。当記事では、モンステラをハイドロカルチャーに植え替え、その後も枯らせることなく正しく育てる方法を紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

水耕栽培で新芽が生えたモンステラをハイドロカルチャーに植え替え

大きくなったモンステラを一部カットし、まったく新しい別の株としてモンステラを増やす試みをしていました。茎伏せ(茎を5cmほどカットして発芽させる方法)から発根・発芽させ、根っこが伸びてきたので水挿しとしていたモンステラも葉っぱが2本になりました。植え替えする頃合となったモンステラをハイドロカルチャーに植え替えたいと思います。

茎伏せから水挿しを経て生長したモンステラ
茎伏せから水挿しを経て生長したモンステラ

ハイドロカルチャーでは透明の容器を使用する

植え替えする鉢ですが、ハイドロカルチャーでは必ず透明の容器を鉢代わりに使用しましょう。ハイドロカルチャーは通常の育て方と違い、鉢底に穴が開いていない鉢や容器を使用し、底に水を溜めます。底に溜まった水がなくなると容器内からも水気がなくなり、このタイミングで水をまた底へ溜めるというサイクルになります。容器が透明でなければ容器の底に溜まっている水位が分からないため、水を加えるタイミングが分からず水分不足や水分過多を引き起こし、根腐れする原因になりかねません。透明の容器であれば簡単に水の残量が分かりますね!

今回使用するのはスターバックスのカップ。ペットボトルを使用するよりもオシャレなので、スタバでフラペチーノを飲んだついでに捨てず保管していました。

モンステラのハイドロカルチャー用容器としてスタバのフラペチーノカップを使用

ハイドロカルチャーに必要な土壌環境

ハイドロカルチャーでは発泡スチロールくらい軽いボール状のハイドロボールを土の代わりに使用します。ハイドロボールはとても軽く、インテリア的にもオシャレを演出するのにとても良いです。ただし、ハイドロボールは通常の土壌環境と違い人口的に作られたものなので、微生物や菌が存在せず植物から出てきた老廃物を分解することができません。また、人工物なので、そのものに栄養を含んでいません。そこで、老廃物を分解する根腐れ防腐剤と、栄養補給のためのイオン交換樹脂をハイドロボールに混ぜます。これらを同時に1つの商品で行ってくれるのが、スーパーミリオンAです。

ソフトシリカ スーパーミリオンA 80g

ソフトシリカ スーパーミリオンA 80g

418円(10/19 15:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

これをハイドロボールに混ぜるだけで根腐れせず健康的に育てられるというものですが、永久的に老廃物を吸着し、栄養もずっと続くというものではありません。よって、一年に一度くらいのペースで詰め替えてあげましょう。

日当たりがとても良い環境であれば土からの栄養吸収を補えるかも分かりませんが、老廃物の分解はどれだけ日当たりが良くても補いきれるものではありません。老廃物の吸着だけを対策したいという場合には、同ブランドのミリオンAでOKです。

ソフトシリカ ミリオンA 100g

ソフトシリカ ミリオンA 100g

280円(10/19 15:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

天井に吊るしてハンギング・モンステラにする

容器全体を縄や紐で包み、ハイドロカルチャーに植え替えたモンステラを天井に吊るします。ハンギングバスケット、ハンギングポットとも呼びますが、吊るすためにオシャレな縄や紐を使って吊るします。ハンギングバスケット用の紐が売られていますが、麻紐などを使ってハンギングバスケット用の縄を自作するのもありです。

観葉植物吊り下げロープ

観葉植物吊り下げロープ

1,198円(10/19 15:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハイドロカルチャーに植えたモンステラの育て方

水やり

水は容器の底に数センチ溜まるように与えます。継ぎ足すことはせず、中の水がなくなるまでは水を与えません。

容器が透明であることにより、容器の底にどのくらい水が溜まっているかが目視できます。数日以上経過するとこの水がなくなるので、なくなったら継ぎ足します。土が乾くのと同じような感覚で、水がなくなったらまた溜める、というサイクルでOKです。

大きく育ちにくいハイドロカルチャーに対しての対策

ハイドロカルチャーは通常の土植えと比べ、大きく育ちにくいというデメリットがあります。茎伏せから発芽させたモンステラなので、最初に出てきた葉は小さめですが、できればもう少し大きな葉っぱを広げるまで育って欲しいです。モンステラはハイドロカルチャーで育てることのできる観葉植物とされていますが、多少の肥料を入れることで大きく育つよう促したいと思います。使うのは肥料としてとても有名なメネデール。底に溜める水にメネデールを混ぜて与えるようにします。

メネデール 200ml

メネデール 200ml

593円(10/19 19:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハイドロカルチャーでおしゃれにモンステラを飾ろう

コバエも害虫も湧きにくいというメリットを持つハイドロカルチャー。根腐れ対策さえ考慮できれば、通常の土植えよりも手間もかかりません。個人的には、土より植え替えが圧倒的に楽で清潔感があるところが気に入りました。ただし、なかなか大きく育ちにくいというデメリットがあるので、モンステラを大きく育てたいという場合以外に使える方法となります。ぜひ、お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました