ポトスをこんもりさせたい!間延びを復活させる方法

こんもりしたポトスおしゃれ部屋作り
スポンサーリンク

ポトスをお店で買ったときはモリモリ茂っていたのに、いつの間にかスカスカ間延びしてしまったと悩む方が非常に多いように思います。間延びしたポトスをこんもりさせるにはいくつか方法があります。当記事では、一度間延びしてしまったポトスを、再びモリモリこんもりさせる方法を紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

ポトスをこんもりさせる方法

ポトスがこんもりしない原因のほとんどは根詰まり。根の量の分だけしか葉を増やせないため、根詰まりしているポトスは古い葉を落としてしまいます。ツルの先より根元の方が古い葉なので、結果的にツルの根元あたりの葉をポロポロと落としていくんですね。

ツルを切る

根詰まりしているなら、葉の数をコントロールすればいいですね。今の鉢のまま植え替えずにこんもりさせたいならば、ツルは切って根元の葉が落ちないようにしましょう。こうすることで、根の量に応じた葉の数がコントロールできます。また、ツルが伸びすぎると全体に栄養が行き渡らないということもあります。そもそもお店で買った時はその鉢のサイズでこんもりしていたわけなので、買った時のこんもり度にはなるはずです。

植え替える

お店で買った時よりもポトスを大きくしたい場合は、今の鉢の大きさでは根詰まりしてしまうので、大きな鉢へと植え替えましょう。そうすれば、根詰まりしている根はまた伸ばすことができ、ツルの長さに応じた根の量となれば、ツルの根元の葉を落とすことはないでしょう。植え替えの時には、水はけの良い観葉植物専用の土を使うようにしてください。

プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土 7号鉢用

プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土 7号鉢用

547円(10/22 01:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

少しでも早くポトスをこんもりさせるには

ポトスは、玄関やトイレなど日の光がなくても気温と水さえあれば生育する観葉植物です。ですが、ポトスも生育しやすい環境があるので、少しでも早くこんもりする状態に戻したい方は、ポトスにとっての好条件を作ってあげましょう。

日当たりを良くする

日陰でも育つとはいえど、やはりポトスも植物なので日の光を好みます。日陰に置いていたポトスを急に直射日光を当ててしまうと葉焼けしてしまうので、レースカーテンの後ろの窓際とかに置いてあげるといいかもしれないですね。常にその場所へ置いておくことが難しい場合は、外出しているときだけ窓際に置いてあげると良いでしょう。

レースカーテンを通して日当たりの良い場所においたポトス

室内で育てる

10〜30℃以下の環境とする必要があるので、冬の寒い時期や、真夏の暑い時期はポトスにとっては室外で育てる上では適温ではありません。室内ならば年中ポトスにとっての適温といえるでしょう。

霧吹きで葉水を与える

多湿を好むポトスにとって、葉水は効果的です。また、室内で育てると風が吹かないのでホコリが葉の上に蓄積してしまいがちです。定期的に葉水を行うことで、葉の上にたまったホコリを調整できるというメリットもあります。

ポトスをこんもりさせようとしてやってしまう間違いに注意

水のやりすぎに注意する

早くこんもりさせたい気持ちからの水のやりすぎには注意しましょう。たしかにポトスは多湿でたくさんの水を好む観葉植物ではありますが、水をやりすぎて根が腐ってしまうことになりかねません。もし水受けに水がたまっていたら、根が腐らないようにちゃんと捨ててあげましょう。

水の温度は一晩室内の温度に馴染ませる

室内の気温と同じくらいの水温にした水を与えてあげるとベストです。水道水をすぐに与えるよりは、一晩ジョウロに溜めて放置し、室内の温度に馴染ませてた水を与えてあげることでポトスにとって最適な水の温度になっているでしょう。

ポトスをこんもりさせたいならばツルを切るか植え替えよう

ポトスを買った時のようにこんもりさせたいならば、買った時と同じ状況にすることです。ポトスを買った時は根の長さもツルの長さも最適な長さになっていたはずです。買って1〜2年も経つと根もツルも伸び、ポトスにとって生育しにくい状況になっている可能性があります。買った時と同じツルの長さに戻してあげるのが一番でしょう。買った時より大きくしたい場合は、大きい鉢に植え替えて、根の量と葉の数をコントロールすることです。ぜひ、お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました