ガジュマルの気根をラップで増やす – 根っこを太くする方法

細い根っこにラップを巻いたガジュマルおしゃれ部屋作り
スポンサーリンク

ガジュマルといえば土から力強く出た根っこ。育てていると、太い根と細い根があることに気付きます。ガジュマルは風水的にもその生命力溢れる力強いエネルギッシュなフォルムから、運気を引き込む効果や金運アップの意味を持っています。ガジュマルはやはりこの太い根っこがあってこそのガジュマルですね。ガジュマルの根っこを太くするには、気根を生えさせることがポイントです。当記事では、ラップを使ってガジュマルから気根を生えさせ、根っこを太くする方法について紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

ガジュマルの根っこに気根を生えさせて太くする

買ってきたばかりのガジュマルの根っこを見ていただきましょう。土に埋まっている根は太く力強いフォルムですが、土に触れずに空中に浮いている根っこは細くどこか弱々しいです。

土に根を付けず浮いている根が2つのガジュマル

真ん中手前と右側の根が土に付かず浮いています。まさに地に足つかずの状態です。他の根っこはしっかり埋まっており、ぶくっと太い根を地に張っています。ガジュマルの浮いている根を太くするには、伸びて土に届かせることで太くなります。しかし、そう簡単に根っこは土まで伸びてくれません。そこで活躍するのが、ガジュマルにも生える気根です。

浮いている根っこにラップを巻いて気根を生えさせる

ただ放置しているだけでは根っこは伸びないし、伸びたとしてもそれが土まで届くのには時間がかかります。そこで、ガジュマルにも生える気根を使います。気根は通常、空気中の水蒸気や空気そのものを吸いますが、根から吸い上げた水分が多すぎた場合にはその気根から水分を出して蒸発させるという、いわば調整役を担っています。それほど重要な役割を果たす気根ですが、土に埋まると白い根としての役割を持つようになり、土の中から水分と栄養を吸収するようになります。浮いている根っこにとっては、気根が土に伸びれば土から水分や栄養を吸い上げ、細い根っこもしっかり栄養を蓄えられるようになり、結果的に太い根っこになれるということになります。

さて、細い根っこから気根を生えさせるには、ラップを使います。ラップは水分蒸発を防ぎ、一部分だけ高温多湿状態を作ることができます。

細い根っこにラップを巻いたガジュマル

この状態でさらに周辺を黒い布などで覆うことで、擬似的に土の中を偽装することができ、気根や根っこが生えてくれるようになります。このラップの中を高温多湿状態を作るために、上から霧吹きを吹きかけます。

ラップを巻いたガジュマルの根っこの上に霧吹きを吹きかける

霧吹きを吹きかけると、ラップとガジュマルの隙間から水分が滴れてラップの中に水分が侵入します。これで少し時間が経てば、ガジュマル自身から出る水蒸気とラップないの水分で高温多湿な環境が出来上がります。霧吹きは一日二回ほどを目安に、ラップの中が湿っぽい感じになるようにしましょう。

ガジュマルの根っこ周りのラップ内は高温多湿状態

生長を促すという観点から、霧吹きボトルの水には肥料のメネデールを混ぜます。メネデールはガジュマルだけに限ったことではなく観葉植物の通常の水やりでもよく使用されますね。

活力剤 メネデール 200ml

活力剤 メネデール 200ml

593円(10/19 19:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

ガジュマルに気根が生え、土まで届けば根っこは太くなる

約2週間ほど経てば気根が生えてきます。気根が伸びて土まで届けば、直接的に土から水分と栄養を吸い上げるようになります。水分と栄養が届くようになれば、グングンと根っこ単体でも生長するようになり、やがて根っこ自身も土に届くようになるでしょう。根っこが伸びた先が鉢の外となる場合は、大きな鉢への植え替えを検討しましょう。ぜひ、お試しください。

ガジュマルを大きくするには?根太くするより上へ伸ばす方法
100円ショップやホームセンターで手に入れたガジュマルを育てていると、葉や枝は生えるもののなかなか上へ伸びないと感じることがあります。ガジュマルは木なので、大きく生長するまでには長い期間が必要であることは理解しているのですが、それにしても...

コメント

タイトルとURLをコピーしました