テーブルヤシの葉の色が薄い・白い – 復活させる方法

葉が茶色に変色してひょろひょろしてきたテーブルヤシ観葉植物
スポンサーリンク

テーブルヤシはサイズも小さいまま育てることができ、少々暗くても大丈夫なことからとても人気な観葉植物です。しかし、購入してから長い年月が経過してくると少しずつ弱体化し、葉の色が薄く、白っぽい色になったりします。当記事では、テーブルヤシの正しい育て方を見直しながら、弱ってしまったテーブルヤシを復活させ、健康的なテーブルヤシとして育て直す方法を紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

テーブルヤシは放置してると弱ってしまう

テーブルヤシを含めた観葉植物が葉っぱが白く薄い色に変色したり、弱ってしまう原因はだいたい2、3つのどれかに絞られます。育てやすいテーブルヤシですが、枯れる原因はどれもメンテナンス不足。考えられる原因を紹介しますので、改善を図ってみてください。

根詰まり

長い間同じ土に植えっぱなしになっている場合、根詰まりしている可能性がかなり高いです。簡単に確認できる方法の一つとして、鉢の底の穴から根っこが見えているか確認してみてください。1本でも根っこが見えている場合は根詰まりしていることでテーブルヤシが弱っていると断定できます。今以上大きく育てたい場合は今植えている鉢より大きな鉢へ植え替えてあげましょう。今のサイズをキープしたい・大きくしたくない場合は、伸びた根っこを剪定してあげましょう。

根腐れしている根を選定するテーブルヤシ

根と葉の量は常にバランスが取られている

根詰まりしているとなぜ白く薄い色に変色してしまうのでしょうか。根詰まりとは根が詰まる、すなわち鉢の中で所狭しと根っこがこれ以上伸びることができなくなってしまっている状態です。テーブルヤシに限らず観葉植物は根と葉が同時に生長し、どちらか一方だけ大きく生長するということはありません。それは、葉や茎など株全体に送る水や栄養に必要なだけの根を伸ばしますし、葉も株全体に必要な分だけを光合成します。もちろん、新芽を生やすときは新芽だけに生長を集中し、他の生長をストップさせるということはありますが、だいたいの量を同じにしようとバランスを保ちます。しかし、根詰まりすることで今以上根を伸ばすことができず、葉は多くなったのに根が増やせないということが起きます。すると、株全体に十分な水分や栄養を送り届けることができなかったり、葉の量を減らそうと葉の一部が枯れてしまったりします。これが根詰まりによる影響です。購入してから植え替えをせずそのままの鉢で育てていると、テーブルヤシが根詰まりしている可能性があるので、鉢底から覗いてみたり掘り起こして確認してみましょう。

根腐れ

根詰まりが誘発するのが根腐れです。文字の意味そのままで、根が腐ってしまっている状態です。根詰まりすることで根っこどおしで圧迫するようになり、水はけが悪い土壌環境となります。水はけが悪いということは水やりした水が下に流れず滞留するようになり、雑菌が繁殖しやすくなります。これが根っこを腐らせてしまう原因となります。根詰まりと根腐れは長い間ずっと植え替えせず放置状態にすることで起きるので、根詰まりと同じタイミングで確認してみると良いでしょう。

根腐れしているテーブルヤシの根
根腐れしているテーブルヤシの根

日照不足

耐陰性はあるものの、やはりテーブルヤシも植物です。長い間玄関やトイレ、洗面所などの暗い場所に置きっぱなしにしてしまうと、徐々に弱ってきてしまいます。本来は明るい日陰に置くと良いので、レースのカーテン越しの窓際などに置いてあげると良いでしょう。一度弱ってしまったテーブルヤシは、回復するまで明るい日陰に置き、回復したら元の場所に戻すなどしましょう。また、回復したからと同じように暗い場所に放置してしまうとまた弱ってしまう可能性があるので、数週間に一度は明るい日陰に置いてあげるなどしてあげるとベストです。

窓際の明るい日陰に置くテーブルヤシ

水耕栽培による水替え不足

テーブルヤシは水耕栽培で育てられますが、その水を長い間入れ替えず、肥料も与えていないまま放置していると弱体化してしまいます。水耕栽培は水やりをしなくても良いので土で育てるより楽なのですが、そのメンテナンスいらずが仇となり弱らせてしまうこともしばしば。一週間に一度は水の入れ替えをしてあげるのがベストですが、少なくとも隔週で水を入れ替えてあげましょう。

肥料を与えること

水の入れ替えも重要ですが、それ以上に水耕栽培用肥料を与えることで十分な栄養を吸収しやすくなります。水耕栽培では通常の肥料ではなく、ハイポニカという水耕栽培用肥料がとても人気でレビューも良いです。

ハイポニカ 水耕栽培用肥料 500ml

ハイポニカ 水耕栽培用肥料 500ml

1,380円(10/19 13:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

土が乾燥したら水やりする

土に植えている場合の水やりの基本として、水を与えすぎ・与えなさすぎではないでしょうか?観葉植物は土が乾くか乾ききる寸前くらいに水をたっぷり与えるのがとても良いとされています。水が乾ききる前に水を与えてしまってもそこまで大きな悪影響はないですが、よりベストとされるのは乾いた直ぐくらいです。乾いた直後といわれると難しさを感じてしまいますが、春から秋は3〜4日に一度といった感じです。冬はテーブルヤシが低活性になるのでもっと間を開けてもOKですが、毎朝土の表面を見て乾燥しているかしていないかだけチェックし、乾燥していたら水を与える、という感覚でOKです。

テーブルヤシの葉が薄く白い色に変色したら、土・日当たり・水を確認すること

テーブルヤシの葉が白く薄い色に変色するのにはいくつか原因はありますが、ほとんどの原因が根詰まりか水の与え方のどちらかに限定されます。まずはこの二つを確認し、管理・メンテナンス不足だった点があったなら改善するよう施してみましょう。ぜひ、お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました