iPadでスクリーンセーバーのように写真をスライドショーさせる方法

デジタルフォトフレームにして窓際に置いたiPadおしゃれ部屋作り
スポンサーリンク

iPadにはスクリーンセーバーの設定はありません。しかし、スクリーンセーバーのように、iPadで写真を一つずつスライドショーさせるように設定することができます。当記事では、iPadで写真をスライドショーさせる方法を紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

iPadで写真をスライドショーさせる方法

スライドショーの起動方法

iPadに最初からインストールされている「写真」アプリから、デジタルフォトフレームのように写真をスライドショーさせることができます。

  1. 写真アプリを起動
  2. スライドショーさせたいアルバムを選択
  3. 画面右上の「︙」をタップし、「スライドショー」を選択

以上で、該当のアルバムをスライドショーさせることができます。

表示したい写真を選抜し、スライドショー専用のアルバムを作る

iPadにはスライドショーで表示させたくない写真が入っていることもあるので、スライドショーで表示させたい専用のアルバムを作っておくと便利です。アルバムに入っている写真だけがスライドショーで表示されるので、思わぬ恥ずかしい写真が表示されてしまうといったこともなくなります。

「写真」アプリからアルバムを作成する方法

  1. 「写真」アプリを起動
  2. 画面右上の「選択」ボタンをタップ
  3. アルバムに入れたい写真を選択(複数)する
  4. 画面左下の送るアイコン(四角上に↑マーク)をタップ
  5. 「アルバムに追加」を選択
  6. 「新規アルバム」を選択し、アルバム名を入力、保存

新規アルバムを作成済みで、写真を追加するだけであれば手順6の新規アルバムを追加する必要はありません。

iPhoneで撮影した写真を自動的にiPadへも連携させる

iPadのカメラで直接撮った写真以外に、普段使用しているiPhoneの写真も自動的にiPadへ連携され、即座にスライドショーとして表示させるためにはiCloudの設定が必要です。こちらの記事を参考に、iPhoneとiPadを同期させましょう。

iPadをデジタルフォトフレームのように壁掛けする

iPadを普段使いしながらも、使用していない時にはデジタルフォトフレームとして常に写真をスライドショーさせておきたいという時があります。これを実現するためには、充電させながら壁に掛ける必要があります。コンセントの近くにiPad専用の立て掛け台を壁に装着し、iPadを使っていない時には写真アプリからスライドショー表示に切り替え、パッと立て掛け台に置けばiPadがデジタルフォトフレームと化します。

壁に掛けるタイプや、テーブルに置くタイプなど、お家の状況に合わせてiPadの立て掛け台を設置し、iPadをお気に入りの写真を表示させるデジタルフォトフレームにしましょう。

タブレットスタンド TRYONE 壁掛け

タブレットスタンド TRYONE 壁掛け

1,599円(10/22 08:59時点)
Amazonの情報を掲載しています
Nulaxy iPadスタンド

Nulaxy iPadスタンド

1,850円(10/22 09:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

iPadで写真のスライドショーをさせ、たまには昔を振り返る

正直、デジタルフォトフレーム専用の端末を購入するほどそこにニーズを感じていないので、iPadでデジタルフォトフレームとして部屋に置いてみたらそれが意外とハマりました。1〜2年前の写真は記憶に新しいですが「あ、これ楽しかったな〜」という気持ちになり、5年以上の写真にもなると当時からすっかり環境が変わってしまったのもあり、デジタルフォトフレームに映し出された当時頻繁に遊んでいた友達のことを思い出したりします。iPhoneで何気ない日常をパシャっと撮っただけなので不恰好で取り留めのないワンシーンですが、ふっと笑えるようなワンシーンに少し嬉しい気持ちになります。「あいつ、元気にしてんのかな」と連絡してみるキッカケにもなりました。iPadの写真スライドショーで定期的に昔のことを思い出すキッカケにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました