シーズンオフの服収納で省スペースする方法 – クローゼット収納術

クローゼット下に置かれた衣装ケース収納術
スポンサーリンク

季節的に使わないシーズンオフの服を、クローゼットの中の割と取り出しやすい位置に収納していませんでしょうか?このシーズンオフの服の収納場所を一工夫するだけで、クローゼットがとても快適に使えるようになります。特に、衣替えして季節外れの服を衣装ケースに収納しているといった方に知っていただきたいのが、クローゼットの奥にあるデッドスペースを活用したシーズンオフの服の収納方法。テレビでよく紹介される収納術として、スノーボードのような冬しか使わないものをクローゼットの奥のデッドスペースへ収納する方法がありますが、スノーボードやサーフォンのような夏や冬のワンシーズンものがない家庭がほとんど。そこで当記事では、シーズンオフとなった服や布団をクローゼットの奥の小さなデッドスペースに収納する方法を紹介します。そんな広いスペースはないけど…?といった方でも大丈夫、ほんの小さな隙間にも置けるよう工夫した方法なので、一度試していただきたいです。

アウトドアと観葉植物が好きな37歳(男)。広告代理店勤務ですが、撮影スタジオのインテリア責任者も務めています。土日は釣り、テニス、カフェやインテリア雑貨巡り。30以上の観葉植物を生育中。スイーツ好きで、特にドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。

k-yanをフォローする

クローゼット奥のデッドスペース3cmを活用してオフ服を収納

シーズンオフとなった服の衣替えでは、衣装ケースに収納することが多いかと思います。そして、シーズンオフ中はクローゼットの下や上の棚にその衣装ケースを置くのがよくある収納ですね。しかし、クローゼットの下は割と取り出しやすい位置にあり、カバンやバッグ、ファッション小物など年中使用頻度が高いものを奥と便利になるポジションです。そんな、いわばクローゼットの一等地に、使用頻度の低いものを置くのは非常にもったいないです。

クローゼット下に置かれた衣装ケース
クローゼット下に置かれた衣装ケース

衣装ケースの中は、冬物ならコートやウインドブレーカー、夏物ならTシャツや短パンが入っているでしょう。この衣装ケースの中のものを、クローゼット奥の5cmに置けるようにします。

衣装ケースは使わない!布団圧縮袋でクローゼット奥に立てて収納

服なのに布団圧縮袋…?と思うかもしれませんが、服の収納で布団圧縮袋を使うのは、最終的に完成する形を広く薄くしたいから。実践形式で説明していきます。

衣装ケースの中に入っていた服を使って実践検証

衣装ケースの中には夏物のTシャツと短パンを入れていました。衣類圧縮袋を使用して省スペースとなる工夫を施していましたが、それでも服の多さで衣装ケースがいっぱいになっていました。なお、これが冬服でも同じ手順でクローゼット奥のデッドスペースへ収納できます。

衣装ケースの中に入れていたTシャツと短パン

Tシャツや短パンが別々の袋になったままだと、クローゼット奥のデッドスペース3cmに全てを収納することはできません。布団圧縮袋だとTシャツや短パンをたたまず広げたままで入れることができます。これにより、結果的に別々になっていた圧縮袋を1つの袋にまとめ、広く薄い形が完成します。

布団圧縮袋の上に置いたTシャツ

Tシャツを広げて布団圧縮袋の中に入れるとこのようなイメージになります。Tシャツの袖もすっぽり収納することを考慮し、布団圧縮袋は少々大きめを使うと良いでしょう。この上に短パンなどを置きます。

布団圧縮袋の上に置いた短パン

圧縮袋でまとめて収納するので、季節的に同じタイミングで使いたい服を同じ袋に入れるといいでしょう。衣替えのタイミングで収納から取り出したい衣服を、複数の布団圧縮袋に分けておくと便利です。これで、布団圧縮袋の中にTシャツや短パンを広げて入れることができました。

布団圧縮袋の中に入れた服

これを圧縮すると広く薄くなり、壁に立てかけられるようになりました。

服を入れた布団圧縮袋は壁に立てかけられる

これだけで壁に立て掛けられるようになる必要はありません。クローゼットの奥に収納すると、手前に服が掛かっているので、それらに支えられ、結果的にクローゼットの奥のデッドスペースに服を収納することが可能となります。

クローゼット奥のデッドスペース3cmに収納された服

布団圧縮袋に広げて入れられたTシャツや短パンは、結果的に3cmよりも薄く圧縮されました。衣服が痛むことを避け、そこまで空気をキツく抜いていません。

布団圧縮袋に入れられた服は数cm以内の薄さになる

衣替えに布団圧縮袋を使えば時短!服をたたまず収納できる

布団圧縮袋を使わず、通常の衣服圧縮袋に入れる場合はひとつひとつ服をたたんで入れる必要がありました。圧縮袋の大きさに合わせてたたんだり、入れる袋が足りなくなったりと衣替えが億劫になるのはこの作業のせいかもしれません。しかし、布団圧縮袋は大きさに余裕があるので、たたむ必要なく簡単に衣替えが終わります。クローゼット奥のデッドスペースを活用して収納できるだけでなく、衣替え作業も時短で簡単になるため、一石二鳥です。

大人のTシャツなら使用する布団圧縮袋は100×80cmがベストかと思います。空気漏れして膨らんでは意味がないので、空気を抜く作業がとても簡単なVacplusのふとん圧縮袋がおすすめです。

クローゼット奥のデッドスペースを活用すれば服や布団を収納できる

夏服を例として紹介しましたが、これが冬服であっても、布団であっても、圧縮して広く薄くすれば同じようにクローゼットの奥のデッドスペースを活用した収納ができます。

コートも圧縮袋で保管

冬服の中でもコートはシーズンオフ中の収納としてとても難しい部類に入ります。衣装ケースの中に収まりきらず、畳んで入れても嵩ばるためすぐにいっぱいになってしまいます。こういったコートには特に布団圧縮袋による収納がベストです。丈が長いコートでも布団圧縮袋なら畳まずそのまま入れられます。

冬服やコートも布団圧縮袋に入れて収納する

ただ、圧縮することでシワの原因になるので、袖を裏返しにしてシワがつかないようにします。

シーズンオフの服や布団はスペースを大きくとり、結果的にクローゼットや押入れのスペースを広く使ってしまいます。布団圧縮袋を使って広く薄くし、クローゼット奥の小さいスペースに置くことができれば、かなり省スペースになりますね。生まれたスペースには使用頻度の高いバッグや小物類を置くなど、小さいクローゼットでも広々と使うことができるようになります。ぜひ、お試しください!

来客用の使わない布団の収納方法 - デッドスペースを使った収納術
来客用の布団や、シーズンオフで数ヶ月以上は使わない布団の収納場所って難しいですよね。ほとんど使用しないのに、スペースを多く使う布団。とはいえ断捨離として捨てるわけにはいきません。当記事では、使用頻度が低いけど捨てずに置いておかなければなら...
布団の圧縮袋が膨らむ?時間が経っても膨らまないようにする方法
布団を圧縮袋に入れて何日か経つと、圧縮袋の中に空気が入ることで膨らんでしまうとお悩みの方。圧縮袋は劣化もなく穴も空いてないのに、なぜか膨らんでしまうこと、ありますよね。実は圧縮袋の締め方による問題がほとんどで、ほんの一手間加えるだけで圧縮...
衣替えのめんどくさいを解決!吊るせる圧縮袋で夏物・冬物を一瞬衣替え
衣替えって、めんどくさいですよね…。1年に4回、夏と冬だけ衣替えしても2回。衣替えの作業もめんどくさいですが、数時間から長くて丸々1日かかることもあります。小さなクローゼットだと、衣替えせず1年通してすべての服を並べるには収納スペース的に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました