布団の収納でクローゼットが狭い場合はココに置く!布団収納術

収納場所に困る大きな布団収納術
スポンサーリンク

クローゼットが狭いと、シーズンオフとなった布団を収納できず困ってしまいます。例えクローゼットに入ったとしても、冬の羽毛布団は大きく嵩張るため、それだけでスペースを埋め尽くしてしまいます。羽毛布団さえなければ色々な小物をクローゼットに収納でき、必然と生活スペースが整理されるのに…と悩むものの、冬には冬用の布団を使用するので捨てるわけにはいきません。当記事では、クローゼットが狭い家でも布団の収納方法を工夫することで、収納スペースを節約する収納術をご紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

布団を薄く圧縮すれば収納場所の選択肢が広がる

クローゼットが狭いため、他の場所へ収納することを考えると、できる限り薄くすることから始まります。ある程度面積が大きくても、薄っぺらくできれば部屋にあるソファやベッドを使って隠すことができます。隠せる家具がない場合は、壁にピタッと這わせることでスペースを取らないよう収納することができます。布団を収納する場所については後述します。

布団圧縮袋に空気が入らないように圧縮する

布団を圧縮した圧縮袋に、何日か経つと空気が入ってしまって膨らんでしまうことがあります。何シーズンか使った圧縮袋や、安価な圧縮袋を使用している場合は圧縮袋が膨らんでしまい、今回のクローゼット以外の場所へ収納することができなくなります。Vacplusの圧縮袋はAmazonレビューも高く、圧縮作業も簡単であることから空気が漏れ入って膨らんでしまうことが少ないです。

Vacplus布団圧縮袋の圧縮前後比較
Vacplus布団圧縮袋の圧縮前後比較
Vacplus ふとん圧縮袋 3枚組 130×100cm ポンプ付き

Vacplus ふとん圧縮袋 3枚組 130×100cm ポンプ付き

1,680円(10/22 17:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

Vacplusの圧縮袋を使っても空気が入って膨らんでしまう場合は、こちらの記事を参照し、膨らまないようにしましょう。

布団の圧縮袋が膨らむ?時間が経っても膨らまないようにする方法
布団を圧縮袋に入れて何日か経つと、圧縮袋の中に空気が入ることで膨らんでしまうとお悩みの方。圧縮袋は劣化もなく穴も空いてないのに、なぜか膨らんでしまうこと、ありますよね。実は圧縮袋の締め方による問題がほとんどで、ほんの一手間加えるだけで圧縮...

布団圧縮袋を縦置きで収納できるようにする

薄くなった布団圧縮袋をそのまま寝かせて収納する場所があればそのままでOKです。壁に立てかけたり家具の後ろに隠す場合は縦置き、つまり立てる必要があるのですが、圧縮して薄くなりすぎた布団をそのまま立てることは難しいので、100円ショップで購入できるグッズを使用します。

2枚以上ある場合は布団袋でOK

掛け布団や敷布団など複数ある場合は、これらをまとめて一つにできる布団袋でOKです。100円ショップの布団袋で十分です。もともと圧縮されていない布団を入れる想定の布団袋なので、圧縮した布団袋なら3〜4枚は入りそうです。

100円ショップの布団袋に布団圧縮袋を複数入れてまとめる
100円ショップの布団袋に布団圧縮袋を複数入れてまとめる

圧縮袋1枚の場合はまな板スタンドで立たせる

壁に立てかけたり、家具と壁で挟んでもOKですが、置き方によっては立たない場合があります。その場合は100円ショップで手に入るまな板スタンドを使い、布団圧縮袋を挟んで置きます。

まな板スタンド

ソファの下、または後ろに布団を収納する

ソファに脚があるタイプは下が空洞になっているので、十分おけるスペースがあります。脚がないソファの場合は、背もたれと壁の間に布団を挟み、収納します。圧縮袋で圧縮しているので、実際にソファの後ろに挟んで収納してもほとんどの幅を取りません。

ソファーの後ろに収納した布団圧縮袋の幅

100円ショップで購入した布団袋は、ソファが黒なので布団袋も黒を選び使用しています。白やグレーなどソファの色や壁の色に合わせて使用することで、より目立たないようカモフラージュすることができます。そもそも布団圧縮袋で薄くなった布団はそこまで目立つことはないのですが、角度によっては見えます。目立つ色の布団袋を使わず、他のものと色を同化させることがコツです。

横や上から覗こうとしないと、ソファに隠れていて布団袋が見えることはありません。

ソファで隠れて全く見えない布団収納

布団はベッドなど大きな家具があれば収納できる

ソファで説明しましたが、ソファが置けない単身用のワンルームマンションのような小さな部屋の場合は、ベッドの下、側面、または後ろなどに挟んで置くことができます。ピタッとくっつけているベッドを少し幅をもたせて置き、そこに布団を入れた圧縮袋を挟みます。

クローゼットは狭いけど、薄い布団圧縮袋を立ててなら置ける

クローゼットが狭いことにより、クローゼット以外の家具で作った小スペースに布団を収納することを紹介しました。しかし、布団を圧縮すること、そしてそれを縦置きして立てることで、元々収納できないと思っていたクローゼットの中に置けるようになるかもしれません。再検討してみましょう。

クローゼットの奥へ布団を縦置きで立たせて収納

クローゼットにはすでに服をかけて収納されていると思いますが、その奥側の小さな縦のスペースがあるか確認してみましょう。空いているといっても、ほんの小さな隙間があれば十分です。

クローゼットの奥側に何も置いていない状態
クローゼットの奥側に何も置いていない状態

元々服をかけて収納できるため、布団を横ではなく立てて収納できるほどの高さはあると思います。普段は見えないクローゼットの奥の壁にペタッとくっつけるような感じで立てて置くことはできませんでしょうか。

クローゼットの奥に布団圧縮袋を立てて収納
クローゼットの奥に布団圧縮袋を立てて収納

このとき、手前に何も置いていない場合は布団袋が倒れてしまうかもしれません。布団圧縮袋1つだけ収納するならまな板スタンド、複数ある場合はブックスタンドで布団袋を挟み込み、壁に寄りかかるように置きましょう。

ブックスタンド

服があれば布団袋が必然と支えられ、倒れてくることもないかと思います。布団圧縮袋で布団を圧縮した理由は一番にクローゼット内のスペース節約もありますが、圧縮することで硬くなって独立して立てるようになります。まな板スタンドやブックスタンドで挟み込んで立つようにもできますが、布団圧縮袋だけでも十分にバランスを保ち、手前の服でさらに支えらえるようになるかと思います。

布団の収納は、クローゼットが狭い家でも圧縮袋の縦置きで収納できる

薄くなった布団圧縮袋であれば、あとは収納する場所を考えるだけです。薄くなっているので、壁に這わせればその存在は気になりません。クローゼットが狭いとは言えど、奥側の壁に立てて這わせられれば一番目立たず収納可能です。それが叶わなかったとしても、ソファやベッドで細い隙間を作り、そこへ立てかけることで見事目立たせずに置くことが叶うでしょう。ぜひ、お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました