オンラインでも使える罰ゲーム7選!オンライン飲み会を盛り上げよう!

オンライン飲み会中。生ビールがキンキンに冷えている。生活習慣
スポンサーリンク

オンライン飲み会は、まったりと自分の部屋でくつろぎながら飲み会を楽しめるのがメリットですよね。しかし、通常の飲み会では当たり前のようにやっていた罰ゲームができないということに気付いてしまった方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、オンラインでも十分に盛り上がる罰ゲームを熟考したので、それらを紹介していきます。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

オンラインで盛り上がる罰ゲーム

5分間音声OFF

オンライン飲み会の最大のコミュニーケーションポイントである「会話をする」という権利を奪う罰ゲームです。みんなで盛り上がっていて、自分も会話に参加したいのに一切参加できないという疎外感がとても辛い罰ゲームです。コツとしては、罰ゲーム中は対象者が大好きな話題で盛り上がるようにし、5分経つ頃にはその話題は終わりにしましょう。別に10分でなくても良いのですが、私の感覚的に5分くらいが丁度良かったです。

「ぶらり途中下車」風に自宅を紹介してもらう

罰ゲーム対象者に、自宅の紹介を「ぶらり途中下車」風のモノマネで実況中継してもらいましょう。その際、他の参加者はオヒョイさんになりきって、「おやおや。洗い物が溜まっていて汚いですねぇ〜。」と煽りましょう。自分の家を散策されるのは恥ずかしいものです。

遠隔料理&実食

対象者の家にある調味料を駆使して、こちらからレシピを指定します。もちろん調理は実況生中継をして頂き、完成した料理はしっかりと実食までして頂くという罰ゲームです。ワサビや一味といった罰ゲームの王道調味料を使えば間違いないですね。「意外と美味しい!」といったパターンや、指示出す側の人間が、見かけによらずSであった事が発覚するといった事もあって、案外盛り上がりますよ!尚、食べ物を粗末に扱うのは宜しくないので、レシピの指示は程々にしましょう。

強制ネットショッピング

まず、罰ゲーム対象者のスクリーンを表示させます。そして、楽天やAmazonといった、対象者が普段買い物をしているサイトを立ち上げてもらいます。そのネットショッピング画面をみんなで一緒に見ながら、「普段絶対に使わなそうなもの」を購入させます。もちろんその購入費は罰ゲーム対象者負担となるのでなかなか辛いです。

不要なものを探すのは意外と大変で、みんなであれこれと話し合うのでかなり盛り上がります。尚、あまりにも高額だとイジメになってしまうので、1,000円以内といった具合で予め上限は決めておいた方がトラブルにならないでしょう。

同居人に日頃の感謝を伝えてきてもらう

対象者が一人暮らしである場合は難しいですが、一緒に住んでいる彼氏や彼女、奥様や旦那様、ご両親やご兄弟がいる場合は、その方に対する日頃の感謝を伝えてきてもらいましょう。もちろんマイクはONにしたまま、聞こえなかったらやり直しです。感謝のセリフを何にするのかは、リモート飲み会メンバーで一緒に決めましょう。感謝の気持ちを伝えられた同居人の方の反応も盛り上がる、みんなが幸せになる罰ゲームです。

SNSで面白い投稿をしてもらう

罰ゲーム対象者のSNSで、フォロワーがざわつくような投稿をしてもらいましょう。「キモかっこいいセリフ」などでググれば、痛いセリフが沢山出てくるのでおすすめですし、気取ったポエムなどでも良いでしょう。その投稿をしっかりと拡散してあげると親切ですね。尚、あまりにも過激なものや誹謗中傷関連はトラブルに発展するので絶対にダメです。

変な喋り方で友人に連絡させる

まず、参加者みんなが知っている共通の知り合いに電話を掛けてもらいます。もちろんスピーカーモードにして全員が聞こえる状態にします。普通に会話をしても面白くないので、予め、

  • 出身地が全然違うのに関西弁(もしくは標準語)で喋る。
  • 親のことを「パパ」「ママ」と呼ぶ

といったルールを決めておき、それに沿って会話をしてもらいます。

電話相手にバレたら終了。バレなかったら「あいつ親の事ママって呼んでるんだ」といったようなレッテルを貼られるという罰ゲームです。

アイデア次第でいくらでも楽しめる

如何でしょうか。人によっては、かなり過酷な罰ゲームもあったかと思います。おそらくこれら以外にも、オンラインだからこそできるもっと盛り上がる罰ゲームもあると思います。こんなご時世だからこそ、オンライン飲み会で盛り上がれると楽しいですよね。尚、罰ゲームのエスカレートはトラブルの元になりますので、程々に楽しんで下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました