ピルケースに薬をむき出しで入れたい?仕切り調整できるケース

包装シートごと入るピルケース生活技
スポンサーリンク

服用する薬が多くなったり違う種類になると、使っていたケースに包装シートごと収まりきらなくなってしまうことがあります。そういった悩みを解消するのが、ケースの仕切りの位置を広げたり狭くしたりできるケース。当記事では、ピルケースに入れる薬の包装シートから出してむき出しにしようとされている方へオススメのケースを紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

包装シートに入っている薬をむき出し保管してはダメ

薬が包装シートやパッケージに入っているのは衛生面を考慮してのこと。ピルケースに薬をむき出しに入れた場合、錠剤を取り出すたびに他の錠剤に触れることとなり、都度雑菌が付着するようになってしまいます。たしかに、むき出しにすることによって収納スペースに余裕ができ、たくさん入りやすくなるメリットはありますが、薬としての衛生面を悪化させてしまっては本末転倒です。絶対に包装シートから出して保管したり持ち運びしないようにしましょう。

ピルケースの仕切り位置を移動して収納サイズを調整

通常のピルケースだと各収納ポケットのサイズは固定されていて、錠剤サイズによっては収まりきらない場合があります。また、包装シートのままだと数個しか入らず、頻繁に補充しなければならないといった悩みもあるでしょう。無印良品のポリプロピレンピルケースなら、中の仕切り位置を動かせるため、大きな錠剤があっても収納できるようカスタマイズでき、入れる数に応じて調整することも可能です。

無印良品 ポリプロピレン(Sサイズ / Lサイズ

包装シートに入れたまま仕切り位置を調整して入れたピルケースと薬

SとLの2サイズ展開

人によって常備する薬の数は違います。無印良品のポリプロピレンピルケースならSとLサイズがあるため、薬が少ない人も多い人もそれに応じてサイズを選ぶことができます。

SとLの2サイズが選べる無印良品のポリプロピレンピルケース

丈夫で耐熱性が高く、軽くて持ち運びに便利

商品名にもなっているポリプロピレンは樹脂素材のひとつで、汎用樹脂の中で最も高い耐熱性と軽さが特徴です。プラスチック製のケースとしてピルケース以外にもアウトドアでしようするようなパーツケースにも使用される素材のため、その丈夫さを証明しています。無印良品がピルケースとして販売している点から、薬品の入れ物としても優れていることが分かりますね。

ピルケースに薬をむき出しにして入れなくても、包装シートごと入るようサイズ調整できるケースがある

ピルケースに薬をむき出しにするのは良くないと予測していたと思いますが、むき出しにしなくても使うピルケースの工夫で薬をむき出しにする必要性もなくなります。無印良品のピルケースなら、衛生的にも利便性にも良い安心できる薬の持ち運びが可能となります。ぜひ、お試しください。

無印良品 ポリプロピレン(Sサイズ / Lサイズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました