トイレの床の隙間に黄ばみ発見!便器と床の境目を掃除する方法

キレイになった便器と床の境目掃除・洗濯
スポンサーリンク

便器と床の便器と境目に小さい隙間があり、そこに溜まっている汚れをキレイに掃除する良い方法はないでしょうか。即席で使い終わった歯ブラシと掃除用洗剤でこすり落とすのも良いですが、隙間の奥深くまでは歯ブラシの毛では届かず、完璧とは言い難いですね。当記事では、トイレの便器と床との境目にある小さな隙間に溜まった黄ばみをキレイに掃除する方法を紹介します。

アウトドアと観葉植物が好きな36歳(男)。仕事はインターネット広告関連、土日はカフェ巡りや体を動かします。30以上の観葉植物を生育中。テニスでアマチュアとして大会で優勝することを目指していたが現在スランプ中。息抜きで始めた釣りの方に没頭中。ドトールのかぼちゃタルトが大好きです。慢性的な腰痛を直すために、日々姿勢改善など取り組み中。いい香りに敏感で、ディフューザーや柔軟剤など色々試しています。

k-yanをフォローする

便器と床の隙間の汚れがトイレの異臭の原因に

便器の中をキレイにしているのに、なぜトイレの異臭は消えないのでしょうか。この原因の多くは、壁や床などに尿が付着していることにあります。最近ではトイレの抗菌剤のCMでもよく目にするようになりましたが、トイレの壁や床は尿ハネや尿漏れによって汚れています。ちゃんと床や壁を水拭きしているという方でも、意外と見落としがちなのが便器と床の境目にある隙間の汚れ。配管から漏れ出しているのではなく、多くは便座を立てたりすることにより、便座から滴れて最終的にこの隙間に到達します。隙間汚れは通常の床の水拭きでは行き届かないことにより、長年放置状態になってしまいます。

便器と床の隙間の汚れ

トイレの主な汚れの種類に応じて重曹とクエン酸を使い分ける

重曹とクエン酸は掃除に洗剤として使われることがよくありますが、これら2つの役割は正反対です。汚れの種類によって、重曹を使うべきなのかクエン酸を使うべきなのか、正しく判断して使いましょう。

汚れには酸性による汚れと、アルカリ性による汚れがあります。これらの汚れをキレイに除去するには、酸性汚れに対してはアルカリ性の洗剤を、アルカリ性汚れに対しては酸性の洗剤を使うとキレイに除去できます。

トイレの黒ずみ(カビ)に対しては重曹

重曹はアルカリ性洗剤として使用します。つまり酸性の汚れに対して使用します。主に手垢や皮脂は酸性の汚れですが、トイレ掃除では酸性の汚れであるカビに対し、アルカリ性洗剤として重曹を使用します。

トイレの黄ばみや水垢に対してはクエン酸

トイレ掃除に限定すると、アルカリ性の汚れである水垢と、黄ばみの尿汚れに対して酸性のクエン酸を洗剤として使用します。

便器と床の隙間の汚れの掃除方法

トイレの床の便器周りは黄ばみ、つまり尿による汚れがほとんどかと思いますので、使用するのはクエン酸です。しかし、黒ずみのようなカビ汚れがある場合は重曹で落とします。

用意するもの

クエン酸の激落ちくん 泡スプレー 400ml

クエン酸の激落ちくん 泡スプレー 400ml

398円(10/22 22:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
重曹の激落ちくん 泡スプレー 400ml

重曹の激落ちくん 泡スプレー 400ml

368円(10/22 22:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

どちらの汚れか分からない、重曹もクエン酸も持っていないという場合は、トイレマジックリンをしようして汚れ落としを試みるのもありかと思います。

トイレマジックリン 400ml

トイレマジックリン 400ml

355円(10/22 22:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

隙間汚れなので、用意するのは使用する洗剤だけではなく、隙間にもアプローチできる細いブラシ。歯ブラシでも行き届かない奥まで擦り、臭いの元となる汚れを完全除去しましょう。

すみずみブラシ ホワイト

すみずみブラシ ホワイト

298円(10/22 22:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

掃除頻度をできる限り少なくするために、防汚するということも考慮に入れたいです。隙間を作ったままだと尿や汚れが入り込み、また細いブラシを使って磨かないといけなくなるので、防水の透明テープを使用します。

ACMETOP 補修テープ防水 防汚 防カビ 隙間テープ

ACMETOP 補修テープ防水 防汚 防カビ 隙間テープ

649円(10/22 22:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

便器と床の隙間掃除手順

1. 床の黄ばみ、黒ずみを落とす

黄ばみに対してはクエン酸を、黒ずみに対しては重曹を使いましょう。用意するもので紹介したすみずみブラシではなく、通常のたわしを使用してもOKです。ここは隙間ではないため、しっかり力が伝わるブラシを使用するといいでしょう。

2. 隙間に洗剤を吹きかけ、すみずみブラシで磨く

隙間をめがけて洗剤を吹きかけます。隙間の中の汚れを目視することは難しいので、ここに一番溜まりやすい汚れの尿であることを想定し、まずはクエン酸を使用しました。続けて、念の為トイレマジックリンで仕上げる、という流れになります。

便器と床の境目の隙間にトイレマジックリンを吹きかけブラシで磨く

すみずみブラシの細さは合計6種あり、境目の隙間の大きさに合わせてご使用ください。縦に長く横に細いので、細い隙間にもしっかり奥まで入れ込むことが可能です。

境目の奥までしっかり入り込んでいる細いブラシ

便器と床の境目をキレイに掃除して防臭・清潔に

キレイになった便器と床の境目

適切な洗剤とブラシを使うことでとても簡単に便器と床の境目の隙間を掃除することができました。トイレは他の部屋の掃除とは少し違い、尿の成分を考慮した洗剤選びが必要となり、ケースに応じてクエン酸か重曹、そしてトイレマジックリンを選び使う必要があります。アルカリ性や酸性といった少し難しい内容でしたが、都度当記事を確認いただき成分確認して洗剤選びをしていただけたらと思います。トイレがいい匂いで清潔だと毎日の生活が充実します!ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました